FC2ブログ

My house is ....

ダイワハウスで建てた我が家が出来る迄&入居後の生活を綴ります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★エントリー★ご協力お願いいたします→ライフスタイルブログ 生活空間
slopshink.jpg



家を建てる時に必ず欲しかった物のひとつがスロップシンクでした。
洗濯機横に付けてもらえて、お洗濯や愛犬を洗うのに大変便利です。
シャワー栓を付けて、お湯も出るようにしました。
このスロップシンクは、床から1メートルの高さです。
通常の設定高さよりも高いです。
しかし、犬を洗うのに高くないと腰を屈めるようになるので、高さには色々とシュミレーションをして決めました。

この一週間、犬を洗っているうちに物音「ポト・ポト・・・」?
見ると床に水が。

DSCN2408.jpg


金具のつなぎ目から水が溢れてました。

毎日使う為このままでは困ります。
早速アフターへ連絡。
業者手配を直ぐにしてくれて、対応良く連絡してから2日で直りました。

しかし問題~修繕に来た業者の方が言われるのには、お湯を頻繁に使うとパッキンが緩むと~??
そんな事聞いた事無いです!
来たお兄さん「良くあるんですよね。また漏れたら呼んで下さい」って。。。

その日にダイワアフターから作業についての連絡をもらいました。
この漏れの原因を聞くと、「お湯で緩むという事は、ありません。また起きるようなら部品交換します」と言われました。

水漏れは、厄介。
スロップシンク以外でもお湯を使う場所は、何箇所もあります。
他も無いか調べてみなきゃ!
こんなトラブル起きた方いらっしゃいますか?


★エントリー★ご協力お願いいたします→ライフスタイルブログ 生活空間
スポンサーサイト
sample2.jpg

半年点検から修繕箇所を明記したアンケートが届くようになりました。
上のを合わせて今までに3枚来ています。

よくみかける「良い・普通・悪い」の中から○をつけるタイプです。
直接担当した本人の目に私の評価は触れる事は無いのでしょうが。。。私は、この手の人を評価するアンケートは、苦手^^;

しかし満足いくアフターを目指す為に、お客様の声というものは大事なんでしょうからしょうがないですね。

因みにこの時は、フルオープンサッシ網戸のスライーレールに異物があったのを取り除いてもらった修繕?です。
網戸が一定の場所まで来ると、動かなくなりました。
スライドレール表面を見ただけでは、何が原因かわからずレールにそって動くコマが壊れたのか?と思っていました。
しかし原因は、スライドレールの溝に庭で燻製をした時の「チップ」が挟まっていたからでした。
アフターの方が来られてからこの原因に気付くには、時間も掛からず、短時間で作業終了。
拍子抜け、間抜けな修繕?でお手間を取らせてしまいました。
おまけに除去したゴミを「こちらで捨てます」とお伝えしましたが、「燻製チップ」は、持ち帰られてしまいました。。。涙(ゴミまで持って帰られるとは。。。)
上のアンケートは、すべて「良い」で出さなきゃですね笑

そしてまた、以前UPした玄関先の雨漏り()修繕に今朝業者の方が来られました。
blogでもUPした画像を見せましたが、はっきりとした箇所の特定が出来ずそれらしき所をボンドで固めて帰られました。
今後の状態を観察して、また不具合が出たらまた修繕だそうです^^;

ついでに業者の方に上から、玄関扉真上のゾーンも覘いてもらいました。

shikaku.jpg


ここは、家の内、外~何処からも見えない死角なのでゴミや、鳩に巣を作られては。。。と少し心配だったのです。
以前住んでいたマンションのベランダに、卵が産んであったトラウマがあります。。。
すると、「奥さん~ゴミは、無いですが足場の部品が残ってますよ」と??
家の足場を外した業者が解体した時に置き忘れたようです^^;
、、、という事は、約1年屋根の上に載ったままだったの?

忘れ物



これは、我が家で保管してあります^^
次回アフターさんが来た時に渡すつもりです。

でも鳥の巣や死骸等で無くって良かった。
しかし、何が置き忘れられているかわからないものですね~汗

★エントリー★ご協力お願いいたします→ライフスタイルブログ 生活空間
先日7日にダイワのアフターの方と壁紙屋さんが、洗面所のクッションフロアーのよれを直しに来られました。

今回の箇所は、事前の6ヶ月点検後に気がついて追加直しです。

巾木を外して、クッションフロアーをドライヤーで伸ばし綺麗に真っ直ぐになりました。
時間も3,40分くらいで手早く終わりました。

この日に追加工事のダウンライト設置もお願いしてありました。
我が家の木工事をした工務店の方と電気屋さんが来て、寝室化粧台の上にダウンライトを設置してもらいました。
設置方法は、2階の点検口から入って天井裏からの電気工事となりました。
天井裏には、綿のような断熱材が一面吹き付けあるらしく、(初めてしりました。。。)設置作業の電気屋さんは、上下つなぎのレインコートを着てから作業開始。

壁紙を傷ませる事なく綺麗にダウンライト&スイッチを設置完了。
DSCN2192.jpg



寝室なので、もう主人が寝てしまってからドレッサー前に座っても、これなら邪魔にならず心置きなくお顔の手入れも出来るようになりました笑

いくら設計の段階で暮らし良くしようと、頭を振る活動させて考えても生活してみないとわからない事が多々ありました。
このダウンライトも最初から設置すれば、お値段的にも・工事の時間をまた設けてもらわなきゃならない事など後手後手にならなくって済んだはずです。
生活する条件をもっと詳しく設計士さんやコーディネーターさんに伝えておけば、後から追加なんて事も無くなるでしょうね。
しかし、コンセントや電気系統等確認って、もう嫌って言うほどの打ち合わせの最後の方ですから結構「ハイ・ハイ?」って右から左に受け流していたと思います~~

これから新しくお宅を建てられる時には、なるべく生活のシュミレーションをしてみる事をお勧めします。


★エントリー★ご協力お願いいたします→ライフスタイルブログ 生活空間


12 | 2019/01 [GO]| 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。